福祉事業団

事業活動のご案内

1.検診等助成事業について(概要)

(1) 生活習慣病検診受診者の費用一部助成

埼玉県厚生連の実施する生活習慣病検診を受診した農業従事者およびその家族を対象に、基本検診受診者1名につき2,000円を助成します。また、同時受診のオプション検査で、胃がんリスク検診または胃部レントゲン受診者1名につき1,000円。血液検査(前立腺がん検査)と動脈硬化検査(血圧脈波測定検査)に対し、各々受診者1名につき300円を助成します。

(2) 人間ドック利用者の費用一部助成

農業従事者およびその家族で、日帰り人間ドック(脳ドック、肺ドックを含む。)を所定の医療機関で受診した場合、受診者1名につき5,000円を限度に自己負担額の15%を助成します。

(3) 農業従事者検診受診者の費用一部助成

熊谷総合病院・新久喜総合病院にて、集団で実施する農業従事者検診を受診した場合、受診者1名につき5,000円を助成します。

(ご注意)上記(1)~(3)の検診費用の一部助成は、行政等に助成金制度がある場合は、その助成金額を受領したものとみなして自己負担額を算出し、当事業団からの助成金額を計算して助成することとなります。

 

2.健康管理・増進活動事業について

(1) 健康づくり研修会への講師派遣助成

農業従事者や地域住民等を対象に、健康管理・増進に関する研修等を実施するに際して事業団の指定する講師を活用した場合、講師料の一部を助成します。

 

3.献血運動の支援について

JAの役職員および農業従事者等を対象に、社会奉仕の実践として献血運動を推進し、献血協力者に記念品、また永年の協力者に特別記念品を提供します。

 

4.罹災者救援事業(罹災者への援助)について

農業従事者・地域住民等自らが所有し居住する住宅が罹災して、80%以上の損害を被り日常生活に支障が生じた場合、見舞品を贈ります。

 

※なお、詳細については、平成29年度事業実施要領集をご覧ください。