私たちの農業応援

JA埼玉県女性組織協議会

令和3年度フレッシュミズセミナーを開催しました

 JA埼玉県女性組織協議会とJA埼玉県中央会は令和3年9月29日、令和3年度フレッシュミズセミナーをオンラインで開催しました。

 収納アドバイザーの本多弘美様をお招きし、「必ず成功!家事効率アップのスッキリ収納術」について講演いただきました。整理収納の流れと捨て方のテクニック、収納の基本テクニックとポイントについて、収納グッズを使いながら分かりやすく説明をいただきました。

 フレッシュミズセミナーは、次世代女性部リーダーの育成、地域住民の理解促進などが目的。女性協の森会長は「コロナ禍で在宅時間が長くなり、家庭のかたづけや収納に関心が高まっている。本日のセミナーを参考にし、引き続き、食と農、地域とJAの架け橋を目指して活動をお願いしたい」と挨拶されました。


JA静岡女性組織協議会との交流会をwebで開催しました

 JA埼玉県女性組織協議会は令和3年9月29日、JA静岡女性組織協議会との交流会をオンラインで開催しました。全国女性協が縁で初めて実施し、埼玉県8JAから32人、静岡県12JAから30人の方に出席いただきました。「仲間づくり運動」をテーマにそれぞれの組織が発表、意見交換し、交流を深めました。

 埼玉県女性協は「食を守る」「農業を支える」「地域を担う」「仲間をつくる」「JA運営に参画する」の5つの重要活動項目に基づき活動を展開しており、ウェブ会議や動画配信研修、健康づくりフォトコンクール、フードバンクへの食料品寄付などコロナ禍でもできる活動を紹介しました。

 静岡女性協は「地域を元気にしよう」「仲間をつくろう」「JA運営に参画しよう」の3つの目標を掲げ、活動を展開しており、地域の食や農業を守る活動、目的別活動、積極的な協同活動の参加などと、コロナ禍の活動として県内農畜産物消費拡大やマスク作りなど在宅運動をご紹介いただきました。

 JAの仲間づくりの運動の発表では、JAとぴあ浜松の託児サービスなどと、JA埼玉中央の女性大学などの取り組みをご報告いただきました。

 参加者からは「埼玉にない活動も多く、お手本になったので、今後の活動の参考にしていきたい」「埼玉の活動を知ることができ、同じ悩みもあることが分かり、勉強になった」などの感想や、「次世代リーダーの育成対策は」「女性部活動の見える化や家庭への理解を高める工夫は」など多数の質問があがりました。

 埼玉県女性協の森会長は「コロナ禍で多くの活動が自粛の中、交流会でそれぞれの工夫や活動の意見交換をして、今後の女性組織の活性化につなげてほしい」とご挨拶されました。

  JA静岡女性組織協議会の皆様、交流会開催に賛同いただき、またご参加いただき有難うございました。そして、交流会のためにご準備・ご協力いただいた皆様に心より感謝いたします。


食の安全部会 研修会動画を収録しました

令和3年8月吉日

 JA埼玉県女性組織協議会食の安全部会は、活動用として「危害分析重要管理点(HACCP)学習教材」の動画を収録し、動画投稿サイト「ユーチューブ」にて部会員視聴限定動画の収録を行いました。6月から全ての食品事業者にHACCPに沿った衛生管理の導入が義務化され、農産物の共同利用加工施設も必要となることから、衛生管理のポイントや実践する女性部の取り組みを収録します。JA女性組織の活動に活用してもらうのが目的です。
 同部会は、食の安全・安心に関する情報交換ネットワークづくりを行い、情報交換を通じた活動の活性化を目的に研修会や視察を実施しています。今年度の活動は、依然として新型コロナウイルス感染症の収束見通しが立たない状況にあるため、動画配信形式に変更しました。
 動画は、農水省のHACCP学習教材「共同利用加工施設の衛生管理における留意事項編」と事例発表「みのり工房におけるHACCPの取り組み」の2部構成で約40分を予定しています。
 農水省の学習教材は、HACCPを実施していく上で施設設計者と利用者が役割分担し、衛生管理のポイントを現場の映像を交えて解説しています。
 事例発表は、JA埼玉中央小川町女性部みのり工房の栗嶋美津江代表が、4月からHACCPに沿った衛生管理を導入した取り組みを発表されます。工房で作っている人気商品「かあちゃんまんじゅう」や「かあちゃん味噌」など加工品の原材料受け入れ確認、冷蔵庫や冷凍庫の温度管理など実践している衛生管理を解説いただきました。栗嶋代表は「最初は戸惑いもあったが、研修会などに参加し、これまで気を付けてきたことがHACCPだったと分かった」お話しをされました。
 食の安全部会の根本孝代部会長は「食は、心と体の健康と直結している。コロナ禍の時代だからこそ、食の安全・安心に一層の関心を持ち、積極的な情報交換を行ってほしい」とお話しをされました。

<クリックすると拡大します>

第26回フレッシュミズ交流集会(Web)を開催しました

 JA埼玉県女性組織協議会とJA埼玉県中央会は令和3年5月31日、第26回フレッシュミズ交流集会を開催しました。
 新型コロナウイルスの感染防止のため、県内JAの会場をオンラインでつなぎ、JAのフレッシュミズ部員ら14人が参加し、「コロナ禍での活動について、できること・やりたいこと」をテーマに意見交換し、交流を深めました。

 意見交換は各組織のコロナ禍の活動と取り組みで成功したことや工夫したことの現状報告、活動が制限される中での今後取り組んでみたいことなどについて、話し合いました。
 現在の活動では、「感染対策をしっかりして、少人数で花や手芸などの活動」「グループLINEを使って 近況報告や写真の交換で交流」「コロナ禍で生まれた差別や偏見をなくすシトラスリボン活動」「スマートフォンのセキュリティー教室の開催」など報告がありました。

 今後の活動については「シトラスリボンの活動を広めていきたい」「タブレット講習やスマホのセキュリティー教室などでフレミズの会員募集につなげていきたい」「コロナ禍で会えないので、JAの購買品で作った料理の写真など、LINEを使って情報交換」など、さまざまな意見が出ました。

<クリックすると拡大します>

かわぐちこまりごと相談会へ米を贈呈しました

 JA埼玉県女性組織協議会は、協同組合間交流を行っている医療生協さいたまからの呼びかけにより、令和3年5月9日に開催された「かわぐちこまりごと相談会&フードパントリー(食品無料配布)」に米約400kgと調味料や乾麺等を贈呈しました。

 フードパントリーはコロナ禍で雇用の不安が進み、経済的困窮者が増えて社会問題になっていることから、医療生協さいたま等 約20団体で構成するかわぐちこまりごと相談会実行委員会にて開催されました。
 贈呈した米等は、かわぐちこまりごと相談会の会場や、川口市内のフードパントリーにて約300人に配布されました。
 JA埼玉県女性組織協議会の森会長は、「相談会に参加してもらった人に、女性部員の気持ちをつなげてもらい支援できることをうれしく思う。一人でも多くの人に喜んでもらえる取り組みを今後もしていきたい」と挨拶しました。

 今回の贈呈にあたり、米等を提供いただいた県内JA女性組織の皆様、ご協力有難うございました。

<クリックすると拡大します>

『歩こう、歩こう コロナに負けるな健康づくりフォトコンクール』を開催しました

 JA埼玉県女性組織協議会は、コロナ禍でも取り組める女性部活動として、また健康作りの一環として『歩こう、歩こう コロナに負けるな健康づくりフォトコンクール』を令和2年12月から令和3年1月にかけて開催しました。

 1名あたり1日6,000歩以上歩くことを目標に、1JA女性組織につき、1日5名合計で30,000歩を目指して参加いただきました。また、参加者にはウォーキングしながら素敵な写真を撮影してもらい、その写真を対象としたフォトコンクールも併せて開催しました。今回ホームページに掲載している写真は、フォトコンクールにご応募いただいた写真の一部です。

 参加したJA女性部員からは、「いつもより多く歩くことを意識したので、身体の調子が良くなった。」「身近な景色や風景を、楽しみながら歩くことが できた。」等の感想が寄せられました。

<クリックすると拡大します>

きらきらセミナー(2月次)

日 時  平成27年2月18日
場 所  熊谷市 埼玉県信連大里分館

 *食品の表示を正しく読み取る
 *絵手紙教室

<クリックすると拡大します>

フレッシュミズプチセミナー

日 時  平成26年10月18日
場 所  鴻巣市 吹上公民館

 *アートフラワーを使った クリスマスリースづくり

<クリックすると拡大します>

きらきらセミナー(11月次)

日 時  平成26年11月27日
場 所  さいたま市 埼玉県信連浦和分館

 *規制改革におけるJA改革について
 *農の生け花教室

<クリックすると拡大します>

グラウンドゴルフ大会

日 時  平成26年11月21日
場 所  加須市むさしの村
<クリックすると拡大します>

彩の国食と農林業ドリームフェスタ

日 時  平成26年11月8日、9日
場 所  所沢市 航空記念公園

 *けんちん汁のチャリティ配布
 *埼玉県産野菜あてゲーム

<クリックすると拡大します>

食の安全部会研修会

日 時  平成26年8月29日
場 所  比企郡吉見町 埼玉県衛生研究所他

 *県衛生研究所における食品検査および施設見学
 *笛木醤油における衛生管理および工場見学

<クリックすると拡大します>

フレッシュミズ交流集会

日 時  平成26年5月25日(定植編)
      7月20日(収穫編)
場 所  加須市 むさしの村

 *坊ちゃんかぼちゃとなすの定植及び収穫体験
 *収穫した野菜を使ってカレー作り
 *畑のぷち勉強会

<クリックすると拡大します>

健康で風土に合った食生活研修会

日 時  平成26年6月6日
場 所  嵐山町 国立女性教育会館

 *豚肉のなす巻きにんにくしょうゆ麹煮
 *さばのサッパリかぶおろし添え
 *蒸し鶏と小松菜のしお麹和え
 *しっとり茶葉ふりかけ
 *米粉すいとん*牛乳くずもち風

<クリックすると拡大します>

創立60周年記念大会

日 時  平成26年5月2日
場 所  さいたま市 埼玉会館
<クリックすると拡大します>

ページの先頭へ戻る