更新情報

トピックス

浦和レッズに県産米1トンを贈呈しました!

 JAグループさいたまは1月31日、サッカーJリーグの浦和レッズに2018天皇杯の優勝を祝い、県産米「彩のきずな」1トンを贈呈しました。さいたま市のホテルで贈呈式があり、JA埼玉県中央会・連合会の若林龍司会長が、浦和レッズの淵田敬三代表に「彩のきずな」のパネルボードを手渡しました。
 浦和レッズからは、淵田代表、立花洋一副社長、武藤雄樹選手、橋岡大樹選手に出席していただきました。
 JAグループさいたまからは、若林会長の他、JA全農さいたまの大濵健康県本部長、JA埼玉県中央会の小池和明常務が出席しました。

 若林会長は「天皇杯の優勝を祝し、県産米『彩のきずな』を贈呈させていただきます。我々は浦和レッズの熱烈なファンでございます。選手とサポーターとの抜群のチームワークを誇る浦和レッズであります。来年は『彩のきずな』を食べて、チームワークで優勝を目指してほしい。」と激励しました。
 淵田代表は「毎年、お米を贈呈していただきありがとうございます。県産米は我々の活力になっております。本当にありがとうございます。」と感謝を述べました。
 武藤選手は「いつもサポートしていただきありがとうございます。今年も厳しい戦いが待っていると思います。『彩のきずな』を食べてパワーを付けて頑張っていきたいです。リーグ・ACL・ルヴァン・天皇杯優勝を目指して頑張ります。」と意気込みを語りました。
 JAグループさいたまは、浦和レッズとパートナー契約を締結しており、1998年から選手の写真とプロフィルを紹介した「マッチデーカード」をホームゲームの全試合で配布や、県産農産物のPRイベントを行っています。

贈呈式(2)

贈呈式(3)

贈呈式(4)

贈呈式(1)

更新情報

ピックアップ
  • JA旬みっけ?
  • JAグループさいたまみんなのよい食プロジェクト
  • 広報誌みらの
  • ごはん・お米とわたし 作文図画コンクール
  • JAグループさいたま提供番組
  • 第2回JA共済カップ
QRコード

<スマホサイトはこちら>